言葉の問題

言葉を教えたり、自作の小説や漫画や音楽を載せるブログ。

短編小説「初めての試験」 下

 

kotobanokoto.hatenablog.com

 

カンニングにはカードを出すそうだ。

 

僕はイエローカードを手に持った。

 

イエローカードは二枚で退場だ。

 

ちなみにレッドカードは一枚で退場。

 

イエローカードとレッドカードのどちらを出すかは監督に委ねられている。

f:id:tanisuke1234:20180107084155p:plain

主催者によれば、最初はイエローカードをどんどん出していいそうだ。

 

イエローカードを出すこと自体がカンニングの抑止力になるらしい。

 

と言っても僕は気が弱かった。

 

カードを出すのが怖い。

 

カードを出す用意はあるぞという雰囲気を作るので精一杯だった。

 

彼と目が合う。

 

彼は頭を下げた。

 

よし。

 

雰囲気は伝わった。

 

イエローカードをあわてて机に戻す。

 

あと二時間。

 

窓側の席の女性が手を挙げてこちらを見る。

 

監督補助に行ってもらう。

 

トイレらしい。

 

監督補助が受験者と教室を出た。

 

僕は困った。

 

一人になった。

 

まずい。

 

さっきの彼の頭が上がる。

 

窓側の席の男性も視線がうろうろする。

 

回答用紙から視線を離している受験者はすぐに分かる。

 

頭が一つ出るからだ。

 

イエローカードをまた手に持つ。

 

意を決した。

 

教壇の上から受験者を睨む。

 

窓側の席の男性は頭を下げる。

 

僕はあなたを見ています。

 

強い視線で受験者に無言の圧力を浴びせる。

 

さっきの彼も頭を下げた。

 

監督の仕事はまるでもぐら叩きだ。

 

監督補助が受験者を連れて教室に入って来た。

 

ほっとする。

 

監督補助に会釈をする。

 

監督補助が戻ってからは皆頭を下げたままだった。

 

圧力の効果はあったらしい。

 

緊張の中で時間が過ぎる。

 

もぐら叩きは続いた。

 

とうとう終了時刻が迫る。

 

「試験終了五分前です。」

 

僕は終了五分前を受験者に呼び掛ける。

 

僕の監督業もあと五分だ。

 

五分が経つ。

 

「試験終了です。」

 

ガラガラッ。

 

現場担当の男性が教室に入って来る。

 

「答案用紙の数を急いで数えて。」

 

現場担当の男性は顔を強張らせている。

 

監督補助が答案用紙を左側の席から回収する。

 

「何をやっているの。急いで。」

 

現場担当の男性は僕を急かす。

 

監督補助はあたふたした。

 

僕も右側の席から答案用紙を回収する。

 

僕は答案用紙の枚数を紙の重なりに気を付けながら数えた。

 

三十五枚。

 

回答用紙と受験者の数が合った。

 

現場担当の男性に枚数を報告する。

 

「試験終了です。忘れ物に気をつけてお帰りください。」

 

現場担当の男性は受験者に怒鳴った。

 

受験者は帰りの用意を始める。

 

緊張が頂点を越した。

 

僕は今日の仕事を振り返る。

 

緊張の中で試験監督の仕事はうまくできたのだろうか。

 

窓側の席の男性が僕に近づく。

 

「あなたは問三のリスニングの問題、解けました?」

 

彼は僕に尋ねた。

 

僕は答えた。

 

「はい、あの問題は解けました。でも難しかったです。」

 

「やっぱり難しかったんですね。」

 

僕は彼の問いに答えられた。

 

よかった。安心した。

 

初めての試験監督の仕事は終わった。

 

短編小説「初めての試験」 完

 

 

読んでくださりいつもありがとうございます。

感謝しています。

 

明読斎

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

読んでくださりいつもありがとうございます。

感謝しています。

作品の感想やアドバイス

雑談、疑問、質問は下の「コメントを書く」ボタンから

書くことができます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●