言葉の問題

言葉を教えたり、自作の小説や漫画や音楽を載せるブログ。

僕がやっていたパソコンのキッティングという仕事の話

f:id:tanisuke1234:20180110120417p:plain

 

みなさんこんばんは^^

 

今日は、僕がやっていたパソコンのキッティングという仕事の話を

 

したいと思います。

 

僕はIT系の会社を退社した後、

 

派遣でパソコンのキッティングという仕事をしていました。

 

ちなみに派遣会社には今も登録をしています。

 

パソコンのキッティングという仕事は、

 

企業で使うパソコンをそのままでは使用できないので、

 

設定を施して、使用できるようにするという仕事です。

 

仕事内容は、以下のようなものがあります。

 

・トラックからダンボール箱に入ったパソコンを作業部屋へ運ぶ

・ダンボール箱からパソコンを取り出す

・パソコンに企業向けの設定を施す

・場合によっては、お客さんの座席に設定を施したパソコンを設置する

 

だいたいこのような仕事内容です。

 

このパソコンのキッティングの仕事ですが、

 

IT系の大きな仕事に疲れた人にこそ向いている仕事です。

 

パソコンのキッティングの仕事はIT系の大きな仕事と違い、

 

一つ一つの作業の終わりが明確になっているからです。

 

IT系の大きな仕事はパソコンのキッティングの仕事と違い、

 

一つ一つの作業の終わりが明確でなく、

 

過酷な労働状況となる、いわゆるデスマーチになりやすいです。

 

しかし、パソコンのキッティングの仕事は、IT系の大きな仕事と違い、

 

一つ一つの作業の終わりが明確であり、いわゆるデスマーチになりにくく、

 

精神的にも肉体的にも負担が小さいです。

 

僕が、病気から社会復帰できたのは、

 

このパソコンのキッティングの仕事のおかげです。

 

このパソコンのキッティングの仕事をこつこつと続けて、

 

失った自信を少しずつ取り戻しました。

 

今後このパソコンのキッティングの仕事にまたお世話になる可能性はあります。

 

もし、IT系の大きな仕事に疲れた方がこの記事を読んでいましたら、

 

このパソコンのキッティングの仕事をおすすめしたいと思います。

 

ではでは。

 

以上、僕がやっていたパソコンのキッティングという仕事の話でした。

 

いつも感謝しています ^ ^ /

 

 

明読斎🐌💕💻

 

考えさせる人「ところで、この仕事をどれくらい続けたの?」

 

「6年間だよ。」明読斎

 

考えさせる人「まぁまぁ続いたね。」