言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

僕たちの重みについて その7

f:id:tanisuke1234:20190713065838j:plain

 

みんなこんにちは。

 

くどいぐらいに更新しているけど、

 

読んでくれている方は本当にありがとう。

 

ところで、もう一つ気づきがあったので記事にするよ。

 

僕たちにとって価値のあるものってあると思う。

 

僕にとっては昨年出たipadが価値のあるものだ。

 

とても欲しい。

 

そこで、よくよく考えてみると、

 

ipadに価値があるのは自分が存在するからだ。

 

自分が存在しなくなれば、ipadに価値は無くなる。

 

そう考えると、

 

本当に価値があるのはipadではなくて、

 

自分だということになる。

 

自分が存在しなくなれば、ipadに価値は無くなるからね。

 

じゃぁどうしてipadを待ち望んでもなかなか手に入らないのか?

 

それは、

 

やっぱりipadに価値があると思っているからなんだと思う。

 

だから、

 

ipadよりも自分に価値があると思うようになれば、

 

ipadは自然と手に入るような気がするよ。

 

ipadの部分はどんなものを当てはめても同じことだよ。

 

じゃぁどうして、ipadよりも自分に価値があると思うようになれば、

 

ipadは自然と手に入るのか?

 

それは、

 

自分がこの世で一番価値のあるものだからだよ。

 

この世で一番価値のあるもの以上に価値のあるものを

 

手に入れようとしても手に入らないということ。

 

なぜなら、自分がこの世で一番価値のあるものだから。

 

ipadが自分よりも価値があると思ううちは、

 

ipadは手に入らない。

 

ipadよりも自分が価値があると思うようになれば、

 

ipadは自然と手に入る。

 

身の回りの手に入れたもので、まだそれが欲しいというものはあるかな?

 

無いよね。

 

手に入れたのだからまだそれが欲しいということはない。

 

身の回りの手に入れたものは結局、そのものよりも自分が価値があると思ったということ。

 

本当に欲しかったのはipadじゃない。

 

自分の価値だよ。

 

自分の価値は最初から自分の中にあるんだよ。

プライバシーポリシー お問い合わせ