言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

漫画について考えたこと4

みなさんおはようございます。

 

今回も漫画について考えたことを書きます。

 

僕はいい歳しています。

 

世に出る漫画家さんは小さな頃から漫画を描いていたという

 

人ばかりです。

 

しかし、僕は小さい頃は漫画を描いていましたが、

 

途中でやめました。

 

そして、普通のサラリーマンの道を進みました。

 

それで、今から漫画を描いて太刀打ちできるのかという問題があります。

 

そこで僕が考えるのは2つです。

 

まず1つ目は、もし、この歳から参入しても、

 

これまでの蓄積は役に立つんじゃないかということです。

 

普通の漫画家さんと比べて僕は、社会人経験も、病気の経験もたくさんしています。

 

その経験を漫画に注入すれば、他の漫画家さんと渡り合えるような気がします。

 

どなたかが言っていましたが、漫画の持ち込みのコメントで多いのは

 

「あなたしか描けない漫画を描きなさい」というものです。

 

ですから、僕は僕しか描けない漫画を描こうと思います。

 

それで、2つ目は、漫画は戦いじゃないんじゃないかということです。

 

漫画は自分の作品を作るものだと思うのです。

 

自分の作品を磨いてナンボだと思います。

 

ですから、別にこの歳から参入しようが、

 

良い作品を作れればそれ良しだろうと思います。

 

僕は僕なりの優位点があると信じて描いていこうと思います。

 

ありがとうございました(^^)/

プライバシーポリシー お問い合わせ