言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

願望が叶うということ

みなさんこんばんは。

 

急遽思いついたことがあるので、

 

記事にしました。

 

願望実現の話です。

 

僕は一時期、スピリチュアル系の記事をよく読んでいて、そんなわけないよと思って一旦離れました。

 

それで、最近願望が叶ってきて、スピリチュアル系で言っていたことはどういうことだったのかと、またよく読むようになりました。

 

その立場から話してみます。

 

僕はここ最近、何の心配もなく毎日漫画を描いています。

 

これは一種の願望が叶ったという状態です。

 

それで、今日、願望実現の象徴となることがありました。

 

それは、ずっと漫画を描くならipadという機材じゃなきゃ嫌だと思っていたのを、

 

ipadじゃなくてもいいやと思った今日のうちに、

 

昔買った機材に100均のタッチペンを買えば、

 

理想の環境が作れることに気づいたのです。

 

スピリチュアル系では良く、願望は常に叶っているけど、(そういう法則が働いているけど)受け取り側が、受け取り窓口を狭めているというような表現をされることがあります。

 

僕はこの出来事を思ってハッとしました。

 

僕が漫画を描くならipadという機材じゃなきゃ嫌だっていうのは、まさに受け取り窓口を狭めている行為だったと思ったのです。

 

ipadという機材じゃなくてもいいと思ったまさに今日、理想の環境が手に入りました。

 

ついでに、派遣会社からの連絡ミスで、仕事が事前キャンセルになり、仕事が休みになったうえに1日分の給料が保証されるというおまけの出来事がありました。

 

ここから2つ考えたことは、

 

一つ目は、願望って本当に常に叶っているのかもしれないなぁと思ったということ。

 

2つ目は、これじゃなきゃ嫌だということで、駄々っ子のように自分で受け取り窓口を狭めていて、本当は受け取り窓口を広げた方がいいのかもしれないなぁと思ったということ。

 

願望が叶う邪魔をしているのは、他でもない、自分かもしれないと思いました。

 

ありがとうございました\(^o^)/

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ