言葉の問題

作品を発信するブログ。

作品を発信するブログ

言葉の問題「に」と「にも」の違いに関する考察

みなさんおはようございます。

 

今回は、

 

「太郎くんにあげた」

 

の「に」と

 

「太郎くんにもあげた」

 

の「にも」の違いに関して考察します。

 

「太郎くんにあげた」の場合、

 

あげたのは太郎くんにだけです。

 

暗に、

 

他には誰にもあげてないという意味を含みます。

 

一方、「太郎くんにもあげた」の場合、

 

あげたのは他にもいます。

 

暗に、

 

他の誰かにもあげたという意味を含みます。

 

ですから、

 

下の会話は噛み合わないということです。

 

先生「修学旅行のお土産、誰にあげたの?」

 

生徒A「太郎くんにもあげた」

 

 

「に」と「にも」を意図的にずらすと

 

このような会話になります。

 

目の前の宇宙人は握手を求めてきた。

通行人は恐る恐る宇宙人の手を眺めた。

通行人は生唾を飲み込んだ。

ゴクリ。

宇宙人「我々はあなたがたにも文明を授けようと思う」

通行人「にも?他にも文明を授けたいうことか」

宇宙人「いや、他には文明を授けていない。だから、あなたがたにもだ」

通行人「だから、他にも文明を授けたんだろ?他には誰に文明を授けたんだ?」

宇宙人「いや、だから、あなたがたにもだ」

通行人「ふざけんな!」

宇宙人「ふざけてない。我々はあなたがたにも幸せになって欲しいのだ」

通行人「意志の疎通が取れない。やっぱりこいつら宇宙人だ」

通行人はまた頭を抱えてしまいました。

 

ありがとうございました。

プライバシーポリシー お問い合わせ