言葉の問題

作品を発信するブログ。

作品を発信するブログ

お題「我が家の本棚」

お題「我が家の本棚」

f:id:tanisuke1234:20220404055948j:plain

みなさんおはようございます。

 

今回はお題「我が家の本棚」について書きます。

 

我が家の本棚には、

 

様々な種類の本があるのですが、

 

一冊だけ雰囲気の違う本があります。

 

その本は、

 

神保町の古本屋で買った本です。

 

「物の体系:記号の消費」

 

 

という本ですが、

 

とても年季が入っています。

 

神保町に遊びに行った時に、

 

題名が気になって買った本なのですが、

 

読んでみたらとても難しく、

 

少しずつしか読めません。

 

なので、まだ半分も読んでいません。

 

でも、何か面白そうなことが書いてあるので、

 

手放すのがもったいないという感じで、

 

本棚に残っています。

 

ジャンルでいうと、哲学書に入ると思うのですが、

 

読んでいると色々な

 

インスピレーションが湧いてきて、

 

頭の体操みたいで面白いです。

 

それで、

 

僕は神保町が好きで、

 

何ヶ月かに一度

 

古本を買いに行きます。

 

元々本が好きなので、

 

世界一の古本の街、神保町は

 

僕にとってはテーマパークのようです。

 

行くと必ず、

 

面白い本が見つかります。

 

そんな感じで、

 

まるで本を仕入れに行くかのように

 

神保町に行ってます。

 

そして、読み終わって、もう読まない本は

 

メルカリで出品しています。

 

本の流通に陰ながら貢献しているなぁと

 

感じるのでした。

 

ありがとうございます。

プライバシーポリシー お問い合わせ