言葉の問題

言葉を教えたり、自作の小説や漫画や音楽を載せるブログ。

【質問に答える】どうすれば伝わり方を何倍にも変えられるのか?とお知らせ

f:id:tanisuke1234:20181209123749j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、伊藤羊一さんの「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」からの質問です。

 

・質問 どうすれば伝わり方を何倍にも変えられるのか?

 

・答え 短く言えば伝わり方を何倍にも変えられます。

 

短く言えば伝わり方を何倍にも変えられます。

 

長く言うと、何を言っているのかが不明瞭になります。

 

短く言うと、何を言っているのかが明瞭になります。

 

例えば、

 

僕は昨日、夕飯にずっと前から食べたいと思っていたけど、食べるかどうか悩んでいた、友人が美味しいと勧めてくれた、近所のファミレスのアボカドハンバーグを食べた。

 

と言うのと、

 

僕は昨日アボカドハンバーグを食べた。

 

と言うのとでは明瞭さが違います。

 

日本語は説明しようとすればするほど、主語と述語が離れてしまいます。

 

ですので、説明は後に持って行き、先に用件を言ってしまいます。

 

このことは文章でも話しでも同じです。

 

まず、短く言う。

 

そして、追加する。

 

それだけです。

 

短く言えば伝わり方を何倍にも変えられます。

 

ちなみに、本の答えは、

 

長く話さず1分で話せば、伝わり方を何倍にも変えられるのだということでした。

 

*。+゜*。+゜*。+゜*゜*。+゜*お知らせ+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。゜*。+゜* 

来るべき12/12(水)16:00から小説サイトエブリスタで

猫と、はるおと、神社が登場する現代ファンタジー

小説「猫と、はるおと、神社」の後編を公開します。

 

前編はこちらからどうぞ↓

estar.jp

f:id:tanisuke1234:20181118152356j:plain

+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。゜*。+゜* +゜*。+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。゜*。+゜* +゜*。+゜*。+

 

【質問に答える】効率をつきつめた、誰にでもすぐにできる勉強法はどんな勉強法か?

f:id:tanisuke1234:20181208133408j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、河野玄北斗さんの「東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法」からの質問です。

 

・質問 効率をつきつめた、誰にでもすぐにできる勉強法はどんな勉強法か?

 

・答え 効率をつきつめた誰にでもすぐにできる勉強法は、習慣作りによる勉強法だと思います。

 

効率をつきつめた誰にでもすぐにできる勉強法は、習慣作りによる勉強法だと思います。

 

学習塾は何のためにあるのかというと、

 

習慣が勉強を身につけるのに一番強力だから、

 

子供達に勉強を教えるためという側面もありますが、

 

子供達が勉強する習慣を身につけるためという側面があります。

 

勉強は方法よりも、習慣にできるかどうかの方が重要です。

 

勉強を習慣にしてしまえば、

 

勉強法に悩むことはありません。

 

悩むのはどうやって習慣にするかです。

 

最初の超難関である、勉強を習慣にすることを乗り越えてしまえば、

 

あとはTOEICだろうが、超難関校の突破だろうが、簡単です。

 

難しいのは 勉強を習慣にすることです。

 

言ってしまえば、どんなものごとも習慣にすればできるようになります。

 

脳は楽な方に逃げたがるから、 

 

習慣にすることだけが超難しいのです。

 

効率をつきつめた誰にでもすぐにできる勉強法は、習慣作りによる勉強法だと思います。

 

ちなみに本の答えは、効率をつきつめた誰にでもすぐにできる勉強法は、ゲームのように楽しむことでした。

 

習慣づくりについての記事はこちら↓

kotobanokoto.hatenablog.com

kotobanokoto.hatenablog.com

 

【質問に答える】現実が変わるブログの執筆とはどういうことか?

f:id:tanisuke1234:20181207134042j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、樺沢紫苑さんの「学びを結果に変えるアウトプット大全」から派生した質問です。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

・質問 現実が変わるブログの執筆とはどういうことか?

・答え 現実が変わるブログの執筆とは、嫌々ではなく、楽しく書く執筆だと思います

 

現実が変わるブログの執筆とは、嫌々ではなく、楽しく書く執筆だと思います。

 

ブログを書いていると、

 

嫌々書くときと、

 

楽しく書くときがあると思います。

 

僕の場合ですが、

 

嫌々書くときとは、目的に縛られるときです。

 

楽しく書くときは、目的に縛られないときです。

 

ブログの執筆を縛る目的は、例えば、

 

お金のために書くとか、

 

人の目のために書くとか、

 

自分の見栄のために書くとか、

 

アクセス数を稼ぐために書くとか、

 

色々とあります。

 

僕は目的に縛られると良い記事が書けません。

 

一方、目的に縛られないと良い記事が書けます。

 

僕が最近読んだ文章に、

 

創作者が楽しく行った創作にこそ、

 

人を楽しませる魂が宿るというような言葉がありました。

 

ブログを嫌々ではなく、楽しく書く。

 

楽しいという鍵が、現実を変える扉を開くから、

 

目的はどんなことであっても、

 

楽しく書く執筆が一番、現実が変わると思います。

 

現実が変わるブログの執筆とは、

 

嫌々ではなく、楽しく書く執筆だと思います

【質問に答える】私たちが成長するための鍵はどんなことか?

f:id:tanisuke1234:20181206135136j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、樺沢紫苑さんの「学びを結果に変えるアウトプット大全」からの質問です。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

・質問 私たちが成長するための鍵はどんなことか?

 

・答え 私たちが成長するための鍵は、悲しみではなく、喜びだと思います。

 

私たちが成長するための鍵は悲しみではなく、喜びだと思います。

 

成長は悲しみではなく喜びだから、

 

喜びの鍵なしに成長の扉は開きません。

 

喜びの鍵があれば成長の扉は開きます。

 

私たちは悲しみを経験して成長するから、

 

成長は、悲しみの中から喜びを見つけることです。

 

悲しいことはあるから、

 

大事なことは、

 

どれだけ悲しむかではなく、

 

悲しみの中からどのように喜びを見つけるのかということです。

 

私たちは喜びを見つけるのをやめると、成長が止まります。

 

しかし、私たちは喜びを見つけ続けると、成長し続けます。

 

逆を返せば、どんなに悲しみがあっても、

 

その中に成長を見つければ、

 

悲しみは喜びに変わります。

 

私たちが成長するための鍵は悲しみではなく、喜びだと思います。

 

ちなみに、本の答えは、私たちが成長するための鍵はアウトプットすることでした。

 

いつもお星⭐️をくださってありがとうございます。

【質問に答える】どうすれば運勢が爆発するのか?

f:id:tanisuke1234:20181206070319j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日はYoutubeで見つけた運勢についての質問です。

 

 

・質問 どうすれば運勢が爆発するのか?

 

・答え 小さな喜びが増えれば運勢が爆発します。

 

小さな喜びが増えれば運勢が爆発します。

 

運勢は、どれだけ小さなことに喜べるのかということだと思います。

 

笑う門には福来る。

 

喜んでいる人のところに喜びが来る。

 

など、喜ぶことが運勢を爆発させる一番の源になると考えます。

 

社会には、有刺鉄線のように、

 

乗り越えるとズキッと痛みを感じることが巧妙に張り巡らされています。

 

しかし、私たちは、例えば道に咲く花に喜んだり、

 

空の色の微妙な違いに喜んだりなど、

 

本来どんな小さなことにも喜びを見つけられます。

  

このように小さなことに喜びを見つけると、喜びが爆発します。

 

だから、運勢を爆発させる源は、大きな喜びではなく小さな喜びです。

 

僕は今日もいつも通り幸せです。

 

小さな喜びが増えれば運勢は爆発します。

 

いつもお星⭐️をくださってありがとうございます。

【質問に答える】幸運はどうすればもたらされるのか?

f:id:tanisuke1234:20181204052238j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日はYoutubeで見つけた幸運についての質問です。

 

 

・質問 幸運は、どうすればもたらされるのか?

・答え 幸運は、1円玉を拾う幸運に気づくともたらされます

 

幸運は、1円玉を拾う幸運に気づくともたらされます。

 

幸運をツイているという言葉に置き換えて、

 

物事をツイていることと、ツイていないことに分けます。

 

すると、ツイていないことは、そんなに頻繁には起きていないことに気づきます。

 

逆にツイていることは、実は意外と頻繁に起きていることに気づきます。

 

イヤイヤ、ツイていることなんて頻繁には起きないよって思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし、私たちはどこに幸せを感じるのでしょうか。

 

6億円の宝くじに当たる幸運は、心が満たされる幸運です。

 

一方、1円玉を拾う幸運は心が満たされる幸運ではない、本当の幸運です。

 

なぜなら、1円玉を拾う幸運は、

 

無からお金がやってくることだからです。

 

宝くじは無からはお金はやってきません。

 

6億円に当たる前にお金を払います。

 

6億円の宝くじに当たる幸運は、

 

無からではなく、有からお金がやってくるので、

 

仮に6億円が当たっても、

 

それは幸運ではなく、

 

お買い物です。

 

1円玉を拾う幸運は心が満たされる幸運ではない、本当の幸運です。

 

有ることと無いことの、その2つの幸運の違いに気づけば、

 

1円玉を拾う幸運は、6億円の宝くじに当たる幸運よりも幸運だと気づきます。

 

幸運は、

 

6億円の宝くじに当たる幸運ではなく、

 

1円玉を拾う幸運に気づくともたらされます。

 

いつもお星をくださってありがとうございます。

【質問に答える】私たちはどうして集団を必要とするのか?

f:id:tanisuke1234:20181203112442j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」から派生した質問です。

・ 質問 私たちはどうして集団を必要とするのか?

 

・答え 私たちは死が怖いから集団を必要とします。

 

私たちは死が怖いから集団を必要とします。

 

私たちは個人を優先させず、集団を優先させるあまり、

 

心に問題を抱えることがあります。

 

私を含めた心の問題を抱える方は、

 

個人と集団との関わり方に葛藤があるように思います。

 

もし、私たちが死を怖くなくなれば、

 

集団は必要ありません。

 

だから、心の問題も解決します。

 

もし、私たちが死を怖くなくなったときは、

 

私たちは集団を必要とする今までの生活様式を捨て、

 

個人で生きる新しい生活様式を手にします。

 

そのときは、75.3億人が全員集団ではなく個人で生きる総個人の時代です。

 

しかしながら、死は集団ではなく、個人の問題なので、

 

個人が死を乗り越えるかどうかは、

 

集団ではなく、個人が挑戦することです。

 

私たちは死が怖いから集団を必要とします。

【質問に答える】世の中で言う、良いと悪いはどこで決まるのか?

f:id:tanisuke1234:20181203095241j:plain


みなさんおはようございます^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」からの質問です。

・ 質問 世の中で言う、良いと悪いはどこで決まるのか?

 

・答え 世の中で言う、良いと悪いは、個人より集団を優先するかどうかで決まると考えます。

 

世の中で言う、良いと悪いは個人より集団を優先するかどうかで決まると考えます。

 

世の中で言う悪いことの代表的なものに殺人があります。

 

ここで、世の中に対するものとして、個人を挙げます。

 

世の中としては、殺人は悪いことです。

 

もちろん個人としても、殺人は悪いことです。

 

ですが、殺人はどんなところでも起きます。

 

私たちは善と悪の価値観が変わり、

 

個人の中で殺人が正当化されて、殺人に至ってしまいます。

 

しかし、個人がいくら正当化しようが殺人は世の中としては悪いことです。

 

そのように考えると、個人で言う悪いことと、世の中で言う悪いことは、

 

ちょっとだけずれがあることが分かります。

 

そのずれが何かと言えば、

 

私は個人より集団を優先するかどうかだと考えます。

 

集団より個人を優先する場合は、

 

例え個人としては良いことだとしても、

 

集団としては悪いことだとされます。

 

逆に、個人より集団を優先する場合は、

 

個人としては悪いことだとしても、

 

集団としては良いことだとされます。

 

世の中で言う、良いと悪いは個人より集団を優先するかどうかで決まると考えます。

 

ちなみに、本の答えは、善が欠けていないかかどうかでした。

 

※※本文を短くしました。

 

【お知らせ】明日から記事の更新ペースを1日に2回から1日に1回に落とします。

f:id:tanisuke1234:20181109054340j:plain

 

みなさんこんばんは^^

 

今日はお知らせです。

 

量より質を重視したいため、

 

明日から記事の更新ペースを1日に2回から

 

1日に1回に落とします。

 

投稿時刻は午前8:30です。

 

その代わり、1つ1つの記事の質をあげたいと思います。

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2018.12.2

 

明読斎

【質問に答える】どうしてやったら悪いことだと分かっていても、悪いことをやってしまうのか?

f:id:tanisuke1234:20181130204637j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」からの質問です。

・ 質問 どうしてやったら悪いことだと分かっていても、悪いことをやってしまうのか?

 

・答え 私たちは、頭ではなく心に従うから、やったら悪いことだと分かっていても悪いことをやってしまいます。

 

私たちは、頭ではなく心に従うから、やったら悪いことだと分かっていても悪いことをやってしまいます。

 

もし、心ではなく頭に従うなら、

 

やったら悪いことだと分かっているから悪いことをやりません。

 

私たちには、頭で分かることと、心で分かることの二つがあります。

 

やっても良いこととやったら悪いことは頭で分かることです。

 

一方、やるか踏み止まるかは心で分かることです。

 

頭ではなく心が頭の中にあるやっても良いことと、やったら悪いことのどちらかに傾きます。

 

もし、やったら悪いことに心が傾いたとき、

 

私たちは、踏み止まって心の傾きを反対に変えるのは難しいので、

 

踏み止まって心の傾きを反対に変えることはせず、

 

頭の中にあるやっても良いことと、やったら悪いことを反対に変えます。

 

このとき、頭の中にあるやっても良いことと、やったら悪いことは簡単に反対に変わります。

 

私たちは頭ではなく、心に従うから、

 

やったら悪いことに心が傾いたときに、

 

踏み止まって心の傾きを反対に変えるのではなく、

 

頭の中にあるやっても良いことと、やったら悪いことを反対に変えて、

 

やったら悪いことをやっても良いことに変えて、

 

心のままに悪いことをやってしまいます。

 

だから、大事なことは、

 

もし、やったら悪いことに心が傾いたときは、

 

頭の中にあるやっても良いことと、やったら悪いことを反対に変えるのではなく、

 

踏み止まって、心の傾きを反対に変えることです。

 

ちなみに、本の答えは、

 

仮にやったら悪いことをやっても、

 

良心があれば人間を新しく生まれ変わらせることができるでした。

一度消した漫画を再掲する その3

みなさんこんばんは^^

 

今日は、一度消した漫画を再掲します。

 

現在エブリスタで連載中の

小説「猫と、はるおと、神社」の元ネタとなった

「それ行け大吉くん。」です。

f:id:tanisuke1234:20180518193618p:plain

f:id:tanisuke1234:20180522063825p:plain

f:id:tanisuke1234:20180528064826j:plain

f:id:tanisuke1234:20180610050301p:plain

 

 

一度消した漫画を再掲する その2

みなさんおはようございます^^

 

今日は、一度削除した漫画を再掲します。

 

老子を漫画で描いた「漫画で老子を。」

 

1.「僕らはいつも何に悩むのか?」

2.「本当の道」

 

です。f:id:tanisuke1234:20180607054926p:plain

f:id:tanisuke1234:20180603122313p:plain

【質問に答える】運の良い人と悪い人は、どんなところで分かれるのか?

f:id:tanisuke1234:20181130185752j:plain
みなさんこんばんは^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」からの質問です。

・ 質問 運の良い人と悪い人は、どんなところで分かれるのか?

・答え 運の良い人と悪い人は、見るところの違いで分かれます。

 

運の良い人と悪い人は、見るところの違いで分かれます。

 

例えば、コップに半分の水があったとして、

 

コップに水がまだ半分もあると見るのか、

 

それとも、コップに水がもう半分しかないと見るのかという、

 

見るところの違いで分かれます。

 

そこで、現実的に運が良いというのは、

 

コップに水が半分もあると見るから、

 

気分が良い状態になります。

 

気分が良い状態になると視界が開け、

 

物事が良く見えます。

 

すると、物事の良いところを見るようになります。

 

例えば、今日は旅行に行くのに、天気が良いとして、

 

天気が良いのは荷物が軽くて済むから、

 

歩きやすくて運が良いと、物事の良いところを見ます。

 

この見方はどこから始まったのかと言えば、

 

コップに水がまだ半分もあると、

 

水がまだ半分ある方を見たところから始まりました。

 

しかし逆に、コップに水がもう半分しかないと、

 

水がもう半分しかない方を見るとどうなるかといえば、

 

例えば、今日は旅行に行くのに、同じように天気が良いとして、

 

天気が良いのは汗だくになるから、

 

歩きにくくて運が悪いと、物事の悪いところを見ます。

 

天気が良いことは同じですが、

 

天気が良いことをどのように見るのかで、

 

運の良いと、悪いが分かれます。

 

人間関係においても、

 

私たちは物事を肯定したいから、

 

コップの水をまだ半分もあるというように、

 

物事の良いところを見る人のところに

 

集まります。

 

人が集まれば、物も機会も集まります。

 

すると、本当に運の良いことが起こります。

 

出だしは、

 

コップに水が半分あるという、

 

たったひとつの物事に対して、

 

コップの水がまだ半分もあると見るか、

 

コップの水がもう半分しかないと見るかの違いでした。

 

友達との仲はもう平和状態だと見るか、

 

友達との仲はまだ混乱状態だと見るか、

 

生きていることをありがたいと見るか、

 

生きていることが大変だと見るか、

 

運の良い人と悪い人は、

 

見るところの違いで分かれます。

 

ちなみに、本の答えは、自己を知ることでした。

 

 

※明日はバンドのライブのため、

【質問に答える】シリーズはお休みし、

まとめ記事を投稿します。

まとめ記事をお楽しみください。

 

明読斎

 

【質問に答える】私たちはどうすれば幸せを感じるのか?

f:id:tanisuke1234:20181129190331j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」からの質問です。

・ 質問 私たちはどうすれば幸せを感じるのか?

 

・答え 私たちは、現実にないものではなく、すでにあるものを見るようにすれば幸せを感じると思います。

 

私たちは、現実にないものではなく、すでにあるものを見るようにすれば幸せを感じると思います。

 

心と対立するものとして、物があります。

 

物が満たされても、心が満たされないということがあります。

 

逆に、物が満たされなくても、心が満たされるということもあります。

 

それで、私たちが満たされたかどうかを感じるのは、

 

物ではなく、心です。

 

ですので、満たされたと感じるのは、心が満たされたときです。

 

では、心が満たされるとはどういうことかと言うと、

 

それは、心に恐れが消え、安心でいっぱいになった状態です。

  

私たちは恐れから現実にないものを見てしまうため、

  

現実にないものではなく、すでにあるものを見るようにすれば、

 

心に恐れが消え、安心でいっぱいになります。

 

私たちは満たされたかどうかを感じるのは、物ではなく、心で感じるから、

 

現実にないものではなく、すでにあるものを見るようにすれば、

  

幸せを感じると思います。

 

ちなみに、本の答えは、すべての事柄に関して感謝すれば幸せを感じるでした。

【質問に答える】どうすれば働くのが好きになるのか?

f:id:tanisuke1234:20181129185507j:plain

みなさんこんばんは^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」からの質問です。

・ 質問 どうすれば働くのが好きになるのか?

 

・答え 組織を辞めて個人で働くか、組織にいても個人が正しいと思うことを立てず、組織が正しいと思うことを立てれば、働くのが好きになると思います。

 

組織を辞めて個人で働くか、組織にいても個人が正しいと思うことを立てず、組織が正しいと思うことを立てれば、働くのが好きになると思います。

 

働くことは、好きな部分と、嫌いな部分に分けられると思います。

 

僕の場合は、働くことにおいて好きな部分は、

 

正しいと思うことをやれることです。

 

逆に、働くことにおいて嫌いな部分は、

 

正しいと思うことをやれないことです。

 

しかし、仮に組織にいる場合、

 

個人が正しいと思うことは正しくなく、

 

組織が正しいと思うことが正しいということがあります。

 

組織は個人でなるから、

 

個人が正しいと思うことを立てず、組織が正しいと思うことを立てれば、

 

組織にいても働くのが好きになると思います。

 

また、組織が正しいと思うことを立てず、個人が正しいと思うことを通したいなら、

 

組織を辞めて個人で働くと、働くのが好きになると思います。 

 

組織は個人でなるから、

  

組織を辞めて個人で働くか、組織にいても個人が正しいと思うことを立てず、

 

組織が正しいと思うことを立てれば、働くのが好きになると思います。

 

ちなみに本の答えは、働くのが好きになるには全力で仕事に関わることでした。