言葉の問題

言葉を教えたり、小説や漫画を載せる場所。

映画「レディプレーヤーワン」の言葉のこと[ネタバレあり]

f:id:tanisuke1234:20180421175651p:plain

 レディプレーヤーワン」あらすじ

2045年。環境汚染や気候変動、政治の機能不全により、世界は荒廃していた。そのため、スラム街で暮らさざるを得ない状況に陥った地球上の人口の大半はオアシスと呼ばれる仮想現実の世界に入り浸っていた。

オアシス内では創始者である亡きジェームズ・ハリデーによって組まれ、勝者にはオアシスの所有権と5000億ドル相当のハリデーの遺産が授与されるアノラック・ゲームが開催されており、ハリデーがオアシス内に隠したとされるイースターエッグが大きなヒントになるとされていた。

Wikipedia よりー

 

レディプレーヤーワンを観て感じたのは、仮想世界は誰のものか?を問題にしているということです。

 

この問題は、現実の世界は誰のものか?と同じ問題です。

 

神様の格好をした仮想世界の創始者は、仮想世界に隠した謎を解いたプレイヤーに仮想世界を譲ると言っています。

主役の交代です。

 

会社ぐるみで攻略を試みる悪役と、主人公の対決のときに主人公は「仮想世界は僕の世界だ。」と言っています。

僕とはオタクです。

オタクが主役に変わることを示しています。

 

創始者は神様ということです。

 

神様は世界を譲るために、三つの謎を用意しました。

 

三つの謎を解くことで、神様の時代からオタクの時代へと変わることを示しています。

世界が神様の所有物からオタクの所有物に変わるということです。

 

三つの謎を解けば世界は手に入ります。

誰でも主役になれます。

 

レディプレーヤーワンはオタクが神様に取って代わるというのが、斬新でした。

 

三つの謎の通りにしていれば世界の主役に確かになれると思いました。

三つの謎は現実世界のことを表しているのだと思います。

 

仮想世界を始めた創始者がいて、主役の交代の時期にもう来ているのだと思います。

 

主役の報酬は25セントです。

 

それと、わずかばかりに長い寿命です。

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

明読斎

 

 

幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)

幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)