言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

カフェで銀河鉄道の夜を読んだら、ネガティブをやりすごしたという話

みなさんおはようございます。

 

僕は先日、下記のようなつぶやきをしました。

 

 

その後、下記のつぶやきのように

 

 

カフェに行き、銀河鉄道の夜をぼんやり読んでいました。

 

すると、

 

何かはわからないけど、「やりすごした」という感覚を感じました。

 

そして、なんだかポジティブになってきました。

 

それで分かったのが、

 

カフェで銀河鉄道の夜を読んで

 

ネガティブを

 

やり過ごしたのだということです。

 

気づいてみれば、

 

最初のつぶやきでは、

 

キーボードが壊れてもうだめだとつぶやいています。

 

このつぶやきはキーボードが壊れたということではなくて、

 

自分がネガティブだということをつぶやいていると

 

分かりました。

 

なんだか、この一連の行動で、

 

全てのネガティブを

 

やりすごした感覚を感じました。

 

それぐらい、すごい発見でした。

 

今後、何かしらネガティブを感じた時は、

 

カフェでゆっくり本をよんで、

 

やりすごしたいと思いました。

 

いつもありがとうございます。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ