言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

この世界に対する見方 〜愛のチャンネルで世界を見るということ〜

f:id:tanisuke1234:20211118060816j:plain

 

みなさんおはようございます。

 

今回はこの世界に対する見方 〜愛のチャンネルで世界を見るということ〜について書きます。

 

前回、

 

自分のチャンネルが愛のチャンネルに変わっていくと、

 

まるで体質が変わったかのように、

 

生まれたての

 

赤ちゃんみたいな体質に変わっていくと書きました。

 

それで今回は、

 

その赤ちゃんみたいな体質という部分を

 

掘り下げていきます。

 

赤ちゃんの頃は、

 

誰もが

 

愛のチャンネルで世界を見ていました。

 

仮に、

 

赤ちゃんが、

 

お母さんから愛を手に入れるために

 

次のようなことを考えていたら

 

どう思いますか?

 

「お母さんの愛を手に入れるには、少しは愛される顔をした方がいいかな?」

 

「それとも、お母さんの愛を手に入れるには、少しは高級腕時計やブランド物のバッグを手にした方がいいかな?」

 

「いやいや、お母さんの愛を手に入れるには、少しはお金を持った方がいいかな?」

 

そんな赤ちゃんがいたら、

 

僕は嫌いになりそうです。

 

僕はこんな赤ちゃんに対しては

 

「いやいや、そんなこと考えなくても君は君のままでいいんだよ!」

 

と突っ込みたくなります。

 

それで、この突っ込みがとても重要です。

 

上記の赤ちゃんの思考というのは、

 

全て

 

お母さんの愛を手に入れられなかったらどうしよう?

 

という

 

恐れから来ています。

 

自分は自分のままで十分にお母さんから愛を手に入れられる

 

という

 

愛から来ているのではありません。

 

ちなみに、お母さんというのは赤ちゃんが初めて接する

 

人です。

 

ですから、

 

お母さんは、

 

自分が大人になってから接する全ての人間関係の基礎となります。

 

それで、

 

赤ちゃんには、

 

お母さんを喜ばせたい

 

という気持ちがあります。

 

その気持ちは、

 

やがて、

 

他の人を喜ばせたいという気持ちに

 

繋がります。

 

ですから、

 

自分はお母さんを喜ばせられるという

 

確信があれば、

 

それだけで、

 

この世界では

 

いくらでも他の人を喜ばせられる

 

ということです。

 

話を戻すと、

 

つまりは、

 

先程の突っ込みの通り、

 

「そんなこと考えなくても君は君のままでいいんだよ」というのが伝えたいことの全てです。

 

そうは言っても、

 

人によっては、「自分のまま」とはどういうことだろう?という疑問が頭に

 

浮かぶと思います。

 

「自分のままとはどういうことだろう?」

 

こう考えたとき、

 

すでに、先ほどの嫌な赤ちゃんの思考に近づいていくのを

 

感じると思います。

 

「お母さんの愛を手に入れるには、もう少し自分のままでいた方がいいかな?」

 

赤ちゃんはそんなことを考えません。

 

赤ちゃんはただ自分のままでいるだけです。

 

あえて別の言い方をするなら、

 

赤ちゃんはただ、

 

自分の内側に愛を感じているだけです。

 

先程の嫌な赤ちゃんの思考は、

 

全て自分の内側に恐れを感じるところから出てきました。

 

自分は長らく、

 

愛を手に入れるには、

 

何かを考えなければいけないという

 

恐れのチャンネルを見てきたのです。

 

ですから、

 

お母さんから愛を手に入れるために、

 

ひいては、

 

他の人から愛を手に入れるために、

 

条件反射的に、

 

色々考えてしまいます。

 

しかし、

 

それらは全て自分の内側に恐れを感じる

 

ところから来ているということです。

 

ですから、

 

全ての物事から愛を手に入れるためには、

 

生まれたての赤ちゃんのように、

 

ただ自分の内側に愛を

 

感じていれば

 

いいだけということです。

 

そのただ自分の内側に愛を

 

感じるということが、

 

愛のチャンネルで世界を見るということです。

 

いつもありがとうございます(^^)/

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ