言葉の問題

言葉を教えたり、自作の小説や漫画や音楽を載せるブログ。

僕が実生活で天と地を経験して学んだ、三番目に大事なことについての話 [最後]

f:id:tanisuke1234:20181030135254j:plain

みなさんこんばんは^^

 

今日は、僕が実生活で天と地を経験して学んだ、三番目に大事なことについての話

 

をしたいと思います。

 

ちなみに一番大事なことは、地は経過地点であり、天が到達地点だということ。

 

二番目に大事なことは、恐怖で掴んでいる頭の中の怖いものを手放すとうまくいくということ。

 

僕が実生活で天と地を経験して学んだ、三番目に大事なことは、

 

僕たちはどこまでも成長するとういことです。

 

僕たちは子供の頃は体が成長します。

 

しかし、大人になると、体の成長は止まり、こころが成長します。

 

体の成長は限界があります。

 

しかし、こころの成長は限界がありません。

 

どこまでも成長します。

 

僕が、天から地へと転落し、

 

また天に這い上がってこれたのは、

 

こころの成長に目を向けたからです。

 

僕たちはこころが成長するだけで、

 

穏やかな気持ちが続きます。

 

僕は以前は、こころが冬の海のようにいつも荒れていました。

 

しかし今は、こころが秋の海のようにずっと穏やかです。

 

もし、あなたが今の居心地に違和感を感じているのなら、

 

こころが冬の海から秋の海への成長を求めているのだと思います。

 

こころをどうやって成長させるのかといえば、

 

それは、

 

今は幸いなことに秋の穏やかな季節となりました。

 

読書の秋、

 

スポーツの秋、

 

食欲の秋、

 

芸術の秋、

 

行楽の秋。

 

今まで踏み出さなかった、こころの赴く場所に一歩を踏み出すと、

 

こころが成長します。

 

これは事実です。

 

三番目に大事なことは、僕たちはどこまでも成長するということでした。

 

以上、僕が実生活で天と地を経験して学んだ、三番目に大事なことについての話でした。

 

いつもこちらのブログを訪ねてくださりましてありがとうございます。

 

ではでは。

 

明読斎🐌🍁⭐️

 

 

考えさせる人「ところで、僕が実生活で学んだことシリーズはもう完結?」

 

「完結だよ。」明読斎

 

考えさせる人「次のシリーズが楽しみだ。」