言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

「嘘をつく」のは、本当にいけないこと?

みなさんおはようございます。

 

今日も手元の「人生の大きな疑問に答える哲学の本」

 からテーマにします。

 

「嘘をつく」のは、本当にいけないこと?

 

このテーマは、

 

暗に、

 

嘘をつくのは本当はいいんじゃないの?

 

と、言っているように聞こえます。

 

問題は嘘をつくのがいいことなのか、悪いことなのか

 

ということです。

 

ですが、嘘をつくのがいいことか悪いことかと言うのは、

 

その嘘を判断する人によって変わります。

 

じゃぁ、逆に

 

真実を言うことがいいことなのか?

 

と考えると、

 

真実を言えばいいという場合だけでは無いことがわかります。

 

例えば、相手を気遣って真実を言わない場合もあるからです。

 

ですから、真実を言うにしろ、

 

嘘をつくにしろ、

 

相手を気遣っているのなら、

 

それはいいことだと思います。

 

ただ、単に嘘をつくのがいけないことだからと言って、

 

真実を言えば、相手が傷つくことだってありえます。

 

そういう場合は、嘘をついてもいいと思います。

 

なので、結局は真実を言うか、

 

嘘をつくかの手前にある、

 

どういう想いを持っているかの方が大事だと思います。

 

ありがとうございました^^

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ