言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

物語を作るためのノウハウ3選

こんにちは。

 

僕は物語を作るにはノウハウがあると考えます。

 

そして、そういうノウハウは人それぞれあると思います。

 

そこで、僕なりの物語を作るためのノウハウ3選を書きたいと思います。

 

①自分だったらどうするかと考える

 

 

主人公のピンチなどで、二つの選択肢があります。

一つは「主人公だったらどうするか」と考える選択肢。

もう一つは「自分だったらどうするか」と考える選択肢。

僕は今までずっと「主人公だったらどうするか」と考える選択肢を選んでいました。

しかし、それだと結局は頭で考えた展開になってしまいます。

それでは不自然だと思い、以降、「自分だったらどうするか」と考える選択肢を選ぶようにしました。

それからは、心で考えた展開となり、自然な展開になるようになりました。

考えてみれば、主人公も結局は自分が考え出したので、自分の選択をするのが一番良いのだと思います。

 

 

②一人称視点を極める

 

①に関連する話です。

「自分だったらどうするか」と考える選択肢を選ぶのですから、結局は一人称視点(主人公を「田中は手を上げた」など、第三者の視点で書くのではなく、「私は手を上げた」など、自分の視点で書く方式)で書く方が楽です。

そして、三人称視点は一人称視点から変換させることが出来ます。

ですから、まずは一人称視点をとことん極めてしまえば、

三人称視点も楽に書けるようになります。

 

 

③自分の学んだことを題材にする

 

 

どういうことを物語の題材にするかと悩む方もいると思います。

ですが、ほとんどの物語は主人公の学びが題材になっています。

そして、①②で主人公というのは自分が考え出したものだと言ってきました。

ですから、主人公の学びとは結局、自分の学びです。

要するに、自分が学んだことを題材にすると良いということです。

僕は自分の学んだことを主人公に託して、主人公が学んだように書くのが

物語の本質だと考えます。

ですから、自分が学んだ数だけ物語の題材があるということです。

 

以上、物語を作るためのノウハウ3選でした。

ありがとうございます^^

プライバシーポリシー お問い合わせ