言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

子供の頃、作文が好きだったかどうかという話

f:id:tanisuke1234:20181122131543j:image

f:id:tanisuke1234:20181122154853j:plain
みなさんこんばんは(^-^)

 

今日は、子供の頃、作文が好きだったかどうかという話をしたいと思います。

 

今でこそ、小説を書いたりブログを書いたりしていますが、

 

正直を言うと、子供の頃は作文が大嫌いでした。

 

本当は好きなんだけど、思ったことを表現できないという理由から、

 

苦手意識と好きな気持ちが入り交じった

 

複雑な心境を持っていました。

 

特に読書感想文はいったいどうやって書いたらいいのかわからないので、

 

書くたびに、出来が不安定でした。

 

それでも、周りはよく書けたと言ってくれるので、

 

なんか嫌だなという感じが勝っていました。

 

しかし、今は作文は大好きです。

 

どうして、大嫌いだった作文が大好きになったかと言うと、

 

それは、思ったことを表現できるようになったからです。

 

今、振り返って思うのは、

 

当事から思ったことを表現したいという願望は強かったと思います。

 

しかし、技術が無かったので、

 

悔しかったのです。

 

そんなこともあり、

 

昔は大嫌いだった作文が、

 

今は大好きです。

 

以上、子供のころ作文が好きだったかどうかという話でした。

 

いつもブログを訪ねてくださりましてありがとうございます。

 

明読斎🐌📚📚

*。+゜*。+゜*。+゜*゜*。+゜*お知らせ+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。゜*。+゜* 

エブリスタで現在

小説「猫と、はるおと、神社」を連載中です。

毎日16:00更新です。

今日、第五話を公開しました。

estar.jp

+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。゜*。+゜* +゜*。+゜*。+゜*。+゜*。+゜*。゜*。+゜* +゜*。+゜*。+

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ