言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

おすすめの本を紹介するよ「判例時報」判例時報社

みなさんこんにちは。

 

今回は、僕がおすすめの本を紹介します。

 

といっても、相当マニアックなので、

 

まったく拒絶反応を示すかもしれませんが、

 

ハマる方は相当ハマると思いますので、

 

紹介したいと思います。

 

今回は、判例時報社の「判例時報」です。

 

 

※画像は2021年4/21号ですが、「判例時報」は月3回発行してます。

 

 

判例時報は、

 

その名の通り、

 

法律雑誌です。

 

裁判で出た判決文と解説が載っています。

 

それで、裁判というのは、

 

人と人のぶつかり合いです。

 

今、この社会で一体どういうことがぶつかっているのか。

 

そして、この社会はどちらを正しいとするのか。

 

社会の一番対立する部分を読むことが出来ます。

 

これは、創作をする方にはもちろん。

 

社会について知りたい方や、

 

人間の本質的な部分を読みたい方にはおすすめです。

 

ただし、基本的には人と人のぶつかり合いですので、

 

読んでいて相当苦しく感じることもありますので、

 

体調には注意が必要です。

 

それで、社会は、

 

人が作っているものです。

 

ですので、裁判結果を

 

読むことは、

 

この社会が一体何を正しいとしているのかを

 

読むことでもあります。

 

例えば、自分がこちらが正しいだろうと思ったことも、

 

反対側が正しいという判決が出たりします。

 

ですから、裁判に興味を持つということは、

 

何が正しいかに興味を持つということだと思います。

 

もし、この本を読んでもう少し、

 

裁判を知りたいと思った方は、

 

裁判の傍聴もお勧めします。

 

実際の裁判から学ぶことはとても多いです。

 

裁判と言っても

 

そこまで難しい言葉は出てきません。

 

いきなり行っても、

 

十分わかると思います。

 

僕は2、3ヶ月に一回ぐらい、

 

裁判の傍聴に行きます。

 

行ったあとは結構頭がぼんやりします。

 

でも、いつもとても良い経験になったと感じます。

 

この本が裁判に興味を持つ、

 

きっかけになったら幸いです。

 

いつもありがとうございます(^^)/

 

プライバシーポリシー お問い合わせ