言葉の問題

言葉を教えたり、自作の小説や漫画や音楽を載せるブログ。

【質問に答える】現実が変わるブログの執筆とはどういうことか?

f:id:tanisuke1234:20181207134042j:plain

みなさんおはようございます^^

 

様々な本などから質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、樺沢紫苑さんの「学びを結果に変えるアウトプット大全」から派生した質問です。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

・質問 現実が変わるブログの執筆とはどういうことか?

・答え 現実が変わるブログの執筆とは、嫌々ではなく、楽しく書く執筆だと思います

 

現実が変わるブログの執筆とは、嫌々ではなく、楽しく書く執筆だと思います。

 

ブログを書いていると、

 

嫌々書くときと、

 

楽しく書くときがあると思います。

 

僕の場合ですが、

 

嫌々書くときとは、目的に縛られるときです。

 

楽しく書くときは、目的に縛られないときです。

 

ブログの執筆を縛る目的は、例えば、

 

お金のために書くとか、

 

人の目のために書くとか、

 

自分の見栄のために書くとか、

 

アクセス数を稼ぐために書くとか、

 

色々とあります。

 

僕は目的に縛られると良い記事が書けません。

 

一方、目的に縛られないと良い記事が書けます。

 

僕が最近読んだ文章に、

 

創作者が楽しく行った創作にこそ、

 

人を楽しませる魂が宿るというような言葉がありました。

 

ブログを嫌々ではなく、楽しく書く。

 

楽しいという鍵が、現実を変える扉を開くから、

 

目的はどんなことであっても、

 

楽しく書く執筆が一番、現実が変わると思います。

 

現実が変わるブログの執筆とは、

 

嫌々ではなく、楽しく書く執筆だと思います