言葉の問題

言葉を教えたり、自作の小説や漫画や音楽を載せるブログ。

【質問に答える】運の良い人と悪い人は、どんなところで分かれるのか?

f:id:tanisuke1234:20181130185752j:plain
みなさんこんばんは^^

 

様々な本から質問を見つけて、

 

場合によっては質問を変えて答える、

 

【質問に答える】という企画をやっています。

 

今日は、白取春彦さんの「人生の大きな疑問に答える哲学の本」からの質問です。

・ 質問 運の良い人と悪い人は、どんなところで分かれるのか?

・答え 運の良い人と悪い人は、見るところの違いで分かれます。

 

運の良い人と悪い人は、見るところの違いで分かれます。

 

例えば、コップに半分の水があったとして、

 

コップに水がまだ半分もあると見るのか、

 

それとも、コップに水がもう半分しかないと見るのかという、

 

見るところの違いで分かれます。

 

そこで、現実的に運が良いというのは、

 

コップに水が半分もあると見るから、

 

気分が良い状態になります。

 

気分が良い状態になると視界が開け、

 

物事が良く見えます。

 

すると、物事の良いところを見るようになります。

 

例えば、今日は旅行に行くのに、天気が良いとして、

 

天気が良いのは荷物が軽くて済むから、

 

歩きやすくて運が良いと、物事の良いところを見ます。

 

この見方はどこから始まったのかと言えば、

 

コップに水がまだ半分もあると、

 

水がまだ半分ある方を見たところから始まりました。

 

しかし逆に、コップに水がもう半分しかないと、

 

水がもう半分しかない方を見るとどうなるかといえば、

 

例えば、今日は旅行に行くのに、同じように天気が良いとして、

 

天気が良いのは汗だくになるから、

 

歩きにくくて運が悪いと、物事の悪いところを見ます。

 

天気が良いことは同じですが、

 

天気が良いことをどのように見るのかで、

 

運の良いと、悪いが分かれます。

 

人間関係においても、

 

私たちは物事を肯定したいから、

 

コップの水をまだ半分もあるというように、

 

物事の良いところを見る人のところに

 

集まります。

 

人が集まれば、物も機会も集まります。

 

すると、本当に運の良いことが起こります。

 

出だしは、

 

コップに水が半分あるという、

 

たったひとつの物事に対して、

 

コップの水がまだ半分もあると見るか、

 

コップの水がもう半分しかないと見るかの違いでした。

 

友達との仲はもう平和状態だと見るか、

 

友達との仲はまだ混乱状態だと見るか、

 

生きていることをありがたいと見るか、

 

生きていることが大変だと見るか、

 

運の良い人と悪い人は、

 

見るところの違いで分かれます。

 

ちなみに、本の答えは、自己を知ることでした。

 

 

※明日はバンドのライブのため、

【質問に答える】シリーズはお休みし、

まとめ記事を投稿します。

まとめ記事をお楽しみください。

 

明読斎