言葉の問題

作品を発信するブログ。

悩みが解決しないあなたへ贈るブログ

脳は未熟な赤ちゃんという説

f:id:tanisuke1234:20181106150728j:plain

みなさんこんばんは^^

 

今日は、脳は未熟な赤ちゃんという説についてお話ししたいと思います。

 

最近の脳科学では、脳はじゃじゃ馬であり、乗りこなせば名馬だと言われています。

 

脳について僕が思ったのは、

 

脳は未熟な赤ちゃんだということです。

 

僕たちは成熟した大人であり、

 

頭の中の未熟な赤ちゃんとともに生活をしています。

 

どういうことかというと、

 

脳は、

 

楽な方を選びたがりますし、

 

問題から目を背けたがりますし、

 

現状に流されます。

 

つまり、頭の中に未熟な赤ちゃんがいるのです。

 

ですから、僕たちは、未熟な赤ちゃんに対して、

 

辛い方を選ぶし、

 

問題に目を向けるし、

 

現状を変える成熟した大人だぞと、

 

行動を通して教えてやる必要があるのです。

 

昔、たまごっちという玩具がありました。

 

今で言えば、どうぶつの森です。

 

それと同じです。

 

頭の中に未熟な赤ちゃんがいます。

 

僕たちは頭の中の未熟な赤ちゃんを育てる成熟した大人です。

 

もし、未熟な赤ちゃんの言いなりになってしまうと、

 

僕たちは未熟な赤ちゃんのように、

 

楽な方を選びたがりますし、

 

問題から目を背けたがりますし、

 

現状に流されます。

 

しかし、僕たちは

 

辛い方を選ぶし、

 

問題に目を向けるし、

 

現状を変える成熟した大人だぞと、

 

未熟な赤ちゃんに行動を通して教えてやると、

 

未熟な赤ちゃんはやがて育ちます。

 

未熟な赤ちゃんが育つと、

 

僕たちは成熟した赤ちゃんに全てをお任せできるので、

 

無意識に楽ができる仕組みだということです。

  

大事なことは、

 

脳が成熟した大人ではなく、

 

僕たちが成熟した大人だということです。

 

考えさせる人「ところで、たまごっち持ってたの?」

 

「持ってたよ。面白かったよ。」明読斎

 

考えさせる人「面白かったんだ。」

 

プライバシーポリシー お問い合わせ